2013.07.14

今季2敗目を喫した大宮ベルデニック監督「最も悪いゲームの一つ」

 J1第16節が13日に行われ、横浜F・マリノス大宮アルディージャが対戦した。アウェー戦に臨んだ首位の大宮は、横浜FMに22分にマルキーニョス、36分にも齋藤学にゴールを奪われて2失点。反撃は後半アディショナルタイムの今井智基による1ゴールに抑えられ、1-2で競り負けた。



 大宮のベルデニック監督は、試合後に以下のように今季2敗目を振り返った。

「今シーズンの中で最も悪いゲームの一つ。両チームの差は立ち上がりにあった。マリノスのアグレッシブさや運動量、球際の強さは我々を上回っていた。また、マイボールになった時も、相手の守備に対してアグレッシブさが足りなかった。今日の試合内容であればもっと点を取られていてもおかしくなかった。もっとも、すべてが悪かったわけではなく、攻撃を仕掛けられたりいい部分もあった。だが、それでは今日の相手に勝つには十分ではなかった」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
19pt
山形
18pt
大宮
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る