FOLLOW US

今夏のトレンドは「周年記念スポット」…20周年のJリーグも候補に

Jリーグ全40クラブのマスコット [写真]=嶋田健一

 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は12日、今年の夏休みのトレンドとして「周年記念スポット」に注目と発表し、開幕20周年を迎えたJリーグが取り上げられている。

 発表では、2013年は全国的に大きな節目を迎える“アニバーサリースポット”が目白押しと伝え、六本木ヒルズ(10周年)、東京ディズニーリゾート(30周年)、黒部ダム(50周年)といった施設、あるいは出雲大社(約60年に1度)や伊勢神宮(20年に1度)といった「遷都イヤー」の神社、またスポーツ分野でも、Jリーグ(20周年)や福岡ドーム(20周年/現、福岡ヤフオクドーム)などの団体・スポットが複数あり、夏休みの人気スポットになることを予想している。

 Jリーグについては、東京ディズニーリゾートとともに、現30~40代の“親”が子供時代や若かりし頃、あるいは現50~60代の“祖父母”がカップルや子連れで、それぞれ思い出を刻んだ場所とし、これを機に、子供や孫を連れて久々に思い出のスポットを訪れたいと考える人も多いと見られている。Jリーグは、子供連れの来場者への配慮が近年、強化されていることも取り上げ、夏休みシーズンは、特に親子連れのファン向けの施策が各スタジアムで展開されており、毎年大変な賑わいを見せていると紹介した。

 また、同社が30~40代の一般男女500名を対象に実施したアンケートでは、「息子と一緒に行きたい周年記念スポット」の問いに、東京ディズニーリゾートに次ぐ、2位にJリーグがランクインしている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO