FOLLOW US

土壇場で同点弾挙げた浦和の原口元気「シュートはイメージ通り」

86分に原口元気が決めて浦和が追いつく [写真]=大木雄介

 J1第15節が10日に行われ、浦和レッズFC東京が対戦。FC東京三田啓貴長谷川アーリアジャスールの得点で2点リードしたが、浦和も興梠慎三原口元気のゴールで追いつき、2-2で引き分けた。

 86分に同点ゴールを挙げた原口は試合後、以下のようにドローを振り返った。

「最初は右で打つつもりで持っていったけど、距離もあったし、体勢も崩れていたので、左に持ち替えたら、(高橋)秀人くんが滑ってくれて、前が空いた。左足のシュートはイメージ通りのコースにいってくれた」

「カットインが警戒されているのは分かっていたし、代表戦でも、本田(圭佑)さんが左足で打とうとすると、相手が食いつくシーンが多かったので、そういうのを参考にした。左足の精度を上げれば、ああいうゴールが増えていくのかなと思う。あれは練習から狙っている形だし、試合で初めて出せてよかった。これで、逆に右でも打てるようになるし、両方使えるとなるとDFも抑えられないと思う。DFは守りにくくなったんじゃないかな」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO