FOLLOW US

プロ初得点を挙げたFC東京の三田啓貴「嬉しさ半分、悔しさ半分」

11分、三田啓貴のJ1初ゴールでFC東京が先制 [写真]=大木雄介

 J1第15節が10日に行われ、浦和レッズFC東京が対戦。FC東京三田啓貴長谷川アーリアジャスールの得点で2点リードしたが、浦和も興梠慎三原口元気のゴールで追いつき、2-2で引き分けた。

 公式戦初ゴールを挙げた三田は試合後、以下のようにドローを振り返った。

「今日は勝ち点3が欲しかったです。ゴールシーンは周りを使うという考えはなくて、ファーストシュートだったし、自分が乗っていけると思ったので積極的にいきました。相手DFに当たって入ったのでラッキーでした。ある程度できたことはあったけれど、ボールを呼び込まないといけないし、パスが通ればGK と一対一になる場面もあったので、チームで話し合っていかないといけない」

「今は結果が少しずつ出せるようになって、信頼関係もこれから生まれると思うので、これに満足しないで続けて結果を出していきたい。監督からはいつも、『簡単に倒れるな、相手にボールをさらすな』と言われているので、そういう意識を持ってやっていた。前回の広島戦ではいいところで決められず、今日はプロ初ゴールを決められたけど、勝てなかったので、嬉しさ半分、悔しさ半分ですね」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO