FOLLOW US

広島FW佐藤寿人、J史上初の10年連続二桁得点…ハットも達成

 サンフレッチェ広島に所属するFW佐藤寿人が、10日に行われたJ1第15節の川崎フロンターレ戦に先発出場。試合の先制点を決め、Jリーグ史上初となる10シーズン連続二桁得点を記録した。

 佐藤は、43分に石原直樹のシュートをGKが弾いたところを押し込み、今季10点目をマークし、記録を更新した。前半終了間際には左足でミドルシュートを決め、前半で2得点を挙げる。その後、同点とされて迎えた80分には、青山敏弘の縦パスに抜け出し、ペナルティエリア中央左から、ドライブの掛かったミドルシュートをGKの頭上越しに決めて、ハットトリックを達成した。試合も、その後追加点を挙げた広島が4-2で勝利している。

 佐藤は、2004年のベガルタ仙台(当時J2)所属時に20得点を記録。翌季に広島へ移籍して以降も二桁得点を決め続け、2012年には22ゴールでJ1得点王に輝いた。なお、15節消化時で12得点は得点王となった昨季よりも1点上回るペース。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO