FOLLOW US

ホームで引き分けた横浜FMの中澤佑二「難しい展開だった」

 J1第14節が6日に行われ、横浜F・マリノス大分トリニータが対戦。大分が31分に松田力の得点で先制したが、横浜FMが51分に兵藤慎剛のゴールで追いつき、1-1で引き分けた。

 横浜FMの中澤佑二は、以下のように試合を振り返った。

「大分も頑張っていたし、勝とうという気持ちがあった。うちはあれだけ攻めて、セットプレーがあったのに点が取れない。相手もカウンターから鋭いシュートを打ってきていたし、大分のシュートがポストを叩いたのもありましたからね。内容的に押して押してという難しい展開だったけどしょうがないかなと。前半に風を受けちゃっていたので、後半は若干パスが流れていた。風が落ち着かなかった。風との戦いだった」

「(失点シーンについて)勢いに乗ってピンポイントで合わせられるのはすごいし、それを試合で出せるのもすごい。やってきたことを出せるのはそう簡単ではないので。次からは強い相手が続くので、一つでも落とすと大変なのでしっかりやりたい」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO