FOLLOW US

同点弾を挙げた横浜FMの兵藤慎剛「絶対勝たないといけなかった」

 J1第14節が6日に行われ、横浜F・マリノス大分トリニータが対戦。大分が31分に松田力の得点で先制したが、横浜FMが51分に兵藤慎剛のゴールで追いつき、1-1で引き分けた。

 横浜FMの兵藤は、以下のように試合を振り返った。

「ここは絶対に勝たないといけない試合だった。そういう意味ではもったいないことしたと思う。強風で難しい状況だったけど、決められなかった部分が大きいので、コンディションを整えて(連戦の)残り3試合につなげたい」

「こぼれ球が来たら決めてやろうと思っていた。思いっきり決められて良かった。セットプレーからのゴールだったので、流れの中で引いた相手から点を取らなければいけないのでそこは課題。気持ちは入っていたけど、思った以上に風があってうまくいかないところが多かった。1-1になってから残り15分は焦りすぎて前に蹴りすぎた。もう少し落ち着いてやれれば。あとはゴール前のクロスにしても、その前のラストパスにしても精度がまだまだ足りない。一人ひとりの質を上げていかないといけない」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO