FOLLOW US

FC東京のポポヴィッチ監督「決定的なチャンスは我々が多かった」

会見に出席したポポヴィッチ監督 [写真]=山口剛生

 J1第14節が6日に行われ、FC東京サンフレッチェ広島が対戦。広島が後半アディショナルタイムにパク・ヒョンジンの挙げたゴールで逃げ切り、1-0で競り勝った。

 試合後、FC東京のランコ・ポポヴィッチ監督は、以下のように敗戦を振り返った。

「非常に難しい試合でした。お互いに戦術的に互いの良さを消し合う試合運びでした。しっかり守備をしてボールを奪って攻撃を仕掛けるという狙いがありましたが、選手たちが公式戦から離れていたことが影響したのかもしれませんが、特に立ち上がりは、堅さが目立つ部分もありましたし、本来ならスピーディーに、流動的にボールを動かしていけたはずだが、そこができませんでした」

「拮抗したゲームでした。決定的なチャンスの数では我々のほうが多かったと思います。そこを決めていれば、違った結果になったと思いますが、サッカーの世界ではこういった結果は実際によくあることでもあります。大切なのは、これを引きずらずに次の試合に向けて準備していくことだと思います」

「(交代のタイミングが後半40分過ぎだったのは)選手を代えづらい、切るカードが難しい試合でした。カードを切る理由がなかったというのが理由です。選手交代をすべて使わなければならないというルールは、サッカーにはないですから。結果的には選手交代をした後に失点を喫したわけで、結果論ですが見方によっては『代えなければ失点しなかったかもしれない』という見方もできるわけです」

「必ず選手交代をしなければいけないルールはないですし、状況に応じて適切な判断をするのが私の仕事だと思っています。今日の試合に関してはスピードのある選手がカギになると思っていました。平山(相太)はFWですが、スピードというタイプではないですし、そういう意味で今日使うのは難しかったところがあります」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO