2013.07.06

劇的勝利となった広島の森保一監督「あきらめなかったことが勝因」

勝利を喜ぶ広島の面々 [写真]=山口剛生

 J1第14節が6日に行われ、FC東京サンフレッチェ広島が対戦。広島が後半アディショナルタイムにパク・ヒョンジンの挙げたゴールで逃げ切り、1-0で競り勝った。

 試合後、広島の森保一監督は、以下のように勝利を振り返った。

「まずは選手が粘り強く、辛抱強く、最後まで走って戦ってくれた。そのおかげでアウェーで勝ち点3を取ることができて、本当に良かった」

「前半は我々がボールを動かして崩していく、サイドから攻撃するというチームのコンセプトを実践し、FC東京は我々のボールを奪ってカウンターという、両チームが準備をしていた戦術を90分間実践した戦いでした。そういう意味で、とても集中力の高い戦いだし、戦術的に面白い試合だったと思います」

「最後の最後まで0-0できて、お互いチャンスも作っている中で、試合がスコアレスのままで進んだ。消極的ということではなく、両チームがしっかりした戦術の下で戦ったゲームだったと思います」

「カウンターからピンチを迎える場面も何度かありましたが、選手が本当に辛抱強く守り、戦い抜けたことが、最後のパク(ヒョンジン)のFKでのゴールにつながって、勝てたと思います。何度も繰り返しになりますが、選手が粘り強く、辛抱強く最後まであきらめなかったことが勝因です」

「気温も湿度も高い中で、疲労を感じるゲームで最後まで走り抜けたのは、たくさんのサポーターが駆けつけてくれて、声援を送ってくれたからだと思います。厳しいゲームに勝利して、サポーターに勝ち点3を届けることができて本当に良かった」

「(佐藤)寿人は状況によってですが、連戦ということを考えて、そのタイミングがあれば交代して、疲労を軽減させようという狙いがありました」

「パクは素晴らしいゴールを決めてくれて、彼のストロングポイントの1つであるFKからゴールという持ち味を見せてくれました。攻撃時のクロス、FKのクオリティは経験を積んでいる中で精度が上がってきていると感じています」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
81pt
横浜FC
76pt
大宮
74pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
59pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る