2013.06.16

中村俊輔らが復興支援試合で新しいチャリティ「全力プレーで子供たちにボールをプレゼント」

対象選手の1スプリントにつき、ボール一つが被災地の子供たちに寄付される

 6月16日(日)に国立競技場で開催される「東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチ」で、Jリーグのオフィシャルエキップメントパートナーであるアディダスは、“試合終了後に始まるチャリティプログラム”をコンセプトにした、選手の全力プレーをプレゼントに変える新しいチャリティ活動『after the match, project.』を東日本大震災被災地復興支援の一環として実施する。

「東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチ」では、ウェアに装着するだけで、プレーヤーの運動データを計測できる、アディダスのデジタルツール『miCoach SPEED_CELL(マイコーチ スピードセル)』を活用し、着用選手の試合中のパフォーマンスデータを取得。ディフェンスを振り切ってゴールに走り込むときや相手のカウンターに必死に食らいつくときなど、選手の全力プレーが象徴されるスプリント(最高速度に近いダッシュ)の回数を可視化し、試合後このデータをもとに“スプリント回数分のボール”を子ども支援の国際NGO セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンを通じて、被災地の幼稚園や保育園など、新たにフットボールに触れる子どもたちへのプレゼントいく企画を実施し、次世代の育成と普及に繋げていく。

 6月16日の「東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチ」では、中村俊輔(横浜FM)、槙野智章(浦和)、柏木陽介(浦和)、柴崎岳(鹿島)らが、このプロジェクトに賛同して参加する予定となっている。

 中村は「より多くの子供たちにボールをプレゼントできるよう、いつも以上に全力でプレーしたいと思います」とコメント。槙野は「全力でピッチを暴れまくって、走りまくって、被災地の子供たちに喜んでもたいたいです」と話している。

 試合後、いくつのボールが被災地に寄付されることになるのか。選手の全力プレーに注目したい。

『after the match, project.』参加予定選手は次のとおり。
中村俊輔(横浜F・マリノス)
柏木陽介(浦和レッズ)
槙野智章(浦和レッズ)
柴崎岳(鹿島アントラーズ)
中田浩二(鹿島アントラーズ)
徳永陽平(FC東京)
扇原貴宏(セレッソ大阪)
山本脩斗(ジュビロ磐田)
森島康仁(大分トリニータ)
菅井直樹(ベガルタ仙台)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る