FOLLOW US

古巣復帰が決定した宇佐美「ガンバは1番愛しているクラブ」

G大阪への復帰が決まった宇佐美 [写真]=千葉格

 ガンバ大阪への復帰が決まったMF宇佐美貴史が、移籍についての気持ちを自身のブログで明かした。

 21歳の宇佐美は、2011年7月にG大阪から期限付き移籍でバイエルンに加入し、昨シーズンはホッフェンハイムでプレー。2年前の移籍時を振り返り、「まずあれだけ期待と応援の気持ちを込めてヨーロッパに送り出してくれたガンバサポーターの皆さんには本当に申し訳ないと思っています。もちろんガンバに関係するすべての人に対してもそうですし、自分を温かく送り出してくれたすべての皆さんに対してです」とコメント。「僕自身ヨーロッパで活躍して恩返ししていくのがベストだと思っていましたががっかりさせてしまいすみません。ほんまに悔しいし情けないです」と語った。

 ヨーロッパでの2シーズンについては、「僕自身も僕自身に対して抱いていた期待を大きく下回ったかなと思っています」と自身の出来を振り返った一方、「ただ結果や目に見える成果を出すことができたかというとそうじゃないですが、得たものは本当に限りなくデカイと思っています。ヨーロッパの厳しさや難しさ、ブンデスリーガのレベルやスタイルに触れる事で選手としては成長できたと確信しています」とつづり、経験を今後の糧にすることを誓っている。

「もちろん、それを結果として出さないと意味がない事も理解しています。この2年得た経験をフルに自分に活かさないと。再スタートとは思っていませんし、ネガティブに捉えてもいません。また新たなチャレンジをするだけ。得たものを今までの自分に積んでいく作業をとにかく継続して意地でも成長してやろうと思います」

 最後には、自身も下部組織から育ち、2年ぶりの復帰となるG大阪について言及。「そしてガンバでまたプレーできることもほんまに嬉しいです。自分にとってはガンバが1番愛しているクラブやしステージは関係ない。J1でもJ2でも僕にとってガンバはNO1のクラブです。またお世話になる事になりましたがサポートしてもらえるとありがたいです」と、クラブへの思いを明かした。

 宇佐美はドイツでの2シーズンで、23試合に出場して2得点を記録していた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO