FOLLOW US

仙台の赤嶺「守備をしっかりと」、川崎の大島「タイトルを取りたい」/ナビスコ杯

握手を交わす仙台の赤嶺真吾と川崎の大島僚太。ナビスコカップ準々決勝で対戦 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 Jリーグ・ナビスコカップ決勝トーナメントの組み合わせ抽選会が30日、東京都港区のフジテレビで行われた。決勝トーナメントはグループリーグを勝ち抜いた横浜F・マリノス川崎フロンターレセレッソ大阪鹿島アントラーズの4チームと、ACL出場組のベガルタ仙台柏レイソル浦和レッズサンフレッチェ広島の4チームを加えた8チームで開催。抽選会には、各チームの代表が集った。

 仙台は川崎との対戦が決定。仙台の赤嶺真吾は試合に向けて次のように語った。

「川崎は攻撃力があるチームで、抑えないといけない選手がたくさんいます。まずはチームで守備をしっかりとして、チャンスをしっかりと決めたい。自分たちのサッカーを表現できればと思います。恐らく難しい戦いになりますが、一戦一戦を大切に、自分たちのサッカーをしていきたいです」

 対する川崎の大島僚太は次のようにコメント。

「どのチームが相手でも強いので、自分たちのサッカーを表現できるように頑張っていきたいです。あまり先のことは考えず、最初の初戦で先制点を取ることが一番大切だと思っています。サポーターの声援を力にして、勝ちたいと思います。準優勝が多いので、今回はタイトルを取りたいです」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO