FOLLOW US

浦和の鈴木「難しい試合」、C大阪の柿谷「前線の守備が重要」/ナビスコ杯

ナビスコカップ準々決勝での対戦が決まり握手を交わす浦和の鈴木啓太とC大阪の柿谷曜一朗 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 Jリーグ・ナビスコカップ決勝トーナメントの組み合わせ抽選会が30日、東京都港区のフジテレビで行われた。決勝トーナメントはグループリーグを勝ち抜いた横浜F・マリノス川崎フロンターレセレッソ大阪鹿島アントラーズの4チームと、ACL出場組のベガルタ仙台柏レイソル浦和レッズサンフレッチェ広島の4チームを加えた8チームで開催。抽選会には、各チームの代表が集った。

 J1で2位に付ける浦和はC大阪との対戦が決定。鈴木啓太はC大阪を「難しい相手」と話した。

「C大阪は攻撃的な選手が多く、とても難しい試合になると思います。C大阪ははタレントがそろっていて、どこからでもゴールへボールを送ってきます。90分間集中力を切らさずに戦わないといけません。ホームでもアウェイでも勝利を目指すことに変わりはありません。タイトルを取る上で、C大阪との対戦で勝たなければ上に行けない。自分たちのサッカーをして上に進みたいと思います」

 浦和との対戦が決まった直後、C大阪の柿谷曜一朗は次のようにコメント。

「浦和は全員がボールを運ぶのがうまいので、僕たち前線の選手の守備が、すごく大事になってきます。浦和と対戦する時はとても疲れます。今回もしんどい試合になると思います。カップ戦は1点がとても重要になってきますし、点を取られないことを前提に得点を取って勝ち切りたい。僕はタイトルをとったことがないので、チャンピオンの気持ちを知りたいですし、サポーターの皆さんも味わいたいと思うので、何が何でも優勝したいですが……まずはベスト4に向けて目の前の試合に集中したい」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO