FOLLOW US

J開幕20年を振り返るカズ「積み重ねた歴史や実績は世界に誇れる」

開幕20年を振り返ったカズ [写真]=兼子愼一郎

 Jリーグ20周年記念パーティーが17日に行われ、初代チェアマンの川淵三郎氏をはじめ、2代目の鈴木昌氏、3代目の鬼武健二氏、現在の大東和美チェアマンらが出席した。

 パーティーには、20周年を記念して行われた『ベストイレブン』投票で最多得票だった横浜FCのFW三浦知良も出席。リーグ開幕20年を振り返り、以下のように語った。

「(最多得票は)自分が積み重ねたことが評価されて、20年ピッチに立っているご褒美も含め、サポーターからの投票は選手としては嬉しいです。(Jリーグの20年は)あっという間でしたね。僕がちょうど26歳のときだったけれど、46歳まであっという間だった。それに尽きます」

「(開幕戦当時の心境は)いつもと変わらない1試合として迎えた記憶がある。Jリーグにとっては特別な試合だったが、僕にとっては今までやってきた中の1試合だったかなと思っています。これから先、1993年5月15日は僕にとって大きな 1日になっていくと思う」

「20年の中で底辺が広がり、40チームになり、組織立った運営は世界でもトップレベルだと思う。その中で、J1からJ2までレベルは上がってきた。この20年で積み重ねてきた歴史や実績は、世界に誇れると思う」

「世界のトップレベルと言われている国でも、100年以上の歴史を持つ国でも努力していますから、日本はさらに、それ以上の努力をしないと世界のトップにはなれない。僕ら選手はグラウンドでベストを尽くす、良いプレーをすることに尽きると思う。それがなければ、何も始まらないと思う」

「特別、先のプランはないが、今までと同じように情熱を持ってグラウンドに立って、全力を尽くしたい」

「(一番印象に残っている場面は)1つを選ぶのは難しい。20年分あるから、みんなが全力を尽くした全試合が、みんなの心に残っているのではないかなと。そういう風に思われるように、これからもやっていきたい」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO