2013.05.15

2連覇中の王者鹿島とC大阪が決勝T進出を決める/ナビスコ杯

Jリーグ20周年を迎えた5月15日、国立競技場でのFC東京vs新潟を始めナビスコカップが6試合行われた [写真]=野口岳彦

 ヤマザキナビスコカップのグループリーグ第6節が、15日に各地で行われた。

 Aグループでは、横浜F・マリノスとジュビロ磐田が対戦。ホームの横浜FMが、マルキーニョスと齋藤学、中村俊輔のゴールで3-0と快勝した。川崎フロンターレも、ホームに大宮アルディージャを迎えると、パトリックとレナトの得点で2-0と勝利を収めた。

 この結果、Aグループは、横浜FMが勝ち点12で首位。川崎が勝ち点10で2位、磐田が勝ち点9で3位となっている。

 Bグループでは、大会2連覇中の鹿島アントラーズが大分トリニータとアウェーで対戦。0-0で終盤を迎えると、試合終了間際の後半ロスタイムに大迫勇也が決勝点を挙げた。1-0と勝利し、4連勝の勝ち点12で首位を維持して、決勝トーナメント進出を決めた。

 同じくBグループのセレッソ大阪は、ホームにサガン鳥栖を迎えた。開始1分に先制されたが、72分に丸橋祐介のゴールで同点に追いつくと、86分には南野拓実が逆転ゴール。2-1と白星を掴んで勝ち点10となり、鹿島同様にグループリーグ突破を決めた。

 なお、最終節は22日に行われる。

■Aグループ
川崎 2-0 大宮
清水 0-1 湘南
横浜FM 3-0 磐田

■Bグループ
FC東京 2-1 新潟
C大阪 2-1 鳥栖
大分 0-1 鹿島

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る