FOLLOW US

ストイコビッチ監督がJ20周年を評価「世界に誇れるリーグ」

現在は名古屋を率いるストイコビッチ監督 [写真]=鷹羽康博

 Jリーグは15日で、開幕20周年を迎えた。1993年5月15日に行われたヴェルディ川崎対横浜マリノスの一戦で産声を上げてから、10000試合以上の熱戦が繰り広げられてきた。節目のシーズンを迎え、現役時代に名古屋グランパスでプレーし、現在は指導者として名古屋を率いるドラガン・ストイコビッチ監督が、『Jリーグ サッカーキング』5月号内のインタビューで、これまでの振り返りと今後への期待を語った。

―Jリーグは今年で20周年を迎えます。この20年という期間をどのようにお考えですか?
「率直に言って、日本サッカー界はこの20年で飛躍的に発展したと感じています。リーグやクラブの運営体制、ピッチ上でのパフォーマンス、そしてファンの皆さんのサッカーに対する理解、こういった部分は目覚しい進歩を遂げてきたのではないでしょうか。20年前と比べると、すべてがポジティブな方向に向かっていると言える気がします」

名古屋に選手として1994年に加入しました。振り返って、当時の印象を教えてください。
「当時の私にとっては、すべてが新しいことでした。新しい国、新しい生活スタイル、新しい文化、新しいチャレンジでした。まだJリーグは開幕したばかりでしたが、産声を上げたばかりの時期に『Jリーグの一員』としてプレーできたことには非常に大きな喜びを感じています。私はJリーグが発展するためにできる限りのことをしてきました。チームメートに対しても多くのことを教えてきたと自負しています。ですから、Jリーグと私は『親友』のような間柄と言っていいかもしれませんね(笑)』

ところで、なぜ名古屋グランパスでプレーすることを選んだのですか?
名古屋グランパスが私を選んだからですよ(笑)。当時所属していたオリンピック・マルセイユは非常に難しい時期(編集部注/八百長問題によるタイトルの剥奪など)にありました。そんな時期に名古屋グランパスから届いたオファーは、私にとって非常に興味深いものでした。当時の名古屋ではイングランドの英雄、ガリー・リネカーがプレーしていましたし、鹿島アントラーズではジーコ、ジェフ市原(現千葉)ではピエール・リトバルスキーといった世界的なビッグネームがプレーしていました。そうした環境に自分の身を置くことは大きなチャレンジでもありましたが、非常に興味深く光栄なことと感じていました」

先ほど何人かの選手の名前が挙がりましたが、あなたも含めた世界的な名選手がJリーグに与えた影響は大きいのでは?
「各クラブの経営、強化に尽力した人たちは非常に賢い選択をしたと思いましたね。あなたの言うとおり、彼らの影響力は計り知れないものがありますし、世界のサッカーについての “正しい情報”を与えるという点において、非常にポジティブな影響をもたらしたと思います。また、プロモーションという点においても、彼らのように知名度のある選手たちが果たした役割は大きい。各クラブだけでなく、Jリーグ全体の宣伝に大きく貢献したのではないでしょうか」

―当時、Jリーグでプレーした外国籍のビッグネーム同士で意見交換をするような機会はあったのでしょうか?
「もちろんです。私たちはあらゆることを語り合いました。改善すべきところや向上の余地があることは皆に共通する意見でしたが、それでも彼らはJリーグの持つポテンシャルをポジティブに捉えていました。プレーする環境、生活環境という点においては誰もが満足していましたよ。まあ、多くの選手は2~3年でヨーロッパや南米に戻ってしまうことが多かったのですが(笑)。そういう意味では、7年もの期間にわたって日本でプレーした私は異質と言えるかもしれませんね。しかし、私にとっては非常に幸せな7年間でした」

―ヨーロッパに戻ろうという考えはなかったのでしょうか。
「全くありませんでした。実は96年にアーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督からオファーを受けました。しかし、私はそれを断りました」

―もし差し支えなければ、その理由を教えてください。
「答えは簡単。日本でプレーするほうが幸せだと思ったからです。子供が学校に行き始めた時期でもありましたし、家族に負担を掛けたくないという思いもありましたからね。おそらく、当時アーセナルからのオファーを断ったのは世界で私だけではないでしょうか(笑)」

―2001シーズンを最後に現役を引退されてから、2008年までの7年間はヨーロッパを拠点に活動されていました。その期間もJリーグの結果などは気にされていたのでしょうか?
「もちろんです。常に気にかけていました。すべての試合結果や内容をフォローできていたわけではありませんが、優勝クラブや活躍した選手の情報などは意識的に得るようにしていました」

―その間、ヨーロッパから見てJリーグの印象は?
「私が選手としてプレーした7年間と同じく、急速な進化を遂げていったという印象です。ポジティブな印象しかありません。私が思うに、サッカーにおいて最も重要なのは『オーガナイズ(組織)』。確固たる組織を形成し、すべてにおいて最善の準備をする。これは決して簡単なことではありませんが、日本人のメンタリティーとして浸透している『オーガナイズ』に対する理解力は特筆すべきものであると思います。だからあなたも日本人でいられることをラッキーだと思うべきですよ(笑)。日本人は非常に規律正しく、互いへの尊敬、尊重の心を持っている。加えて強い向上心も備えています。Jリーグに関わるすべての人が、成長したい、レベルアップしたいという意欲を持っています。これは本当に素晴らしいことです。そうした意欲こそが、Jリーグをここまでのリーグに育てたのだと私は思います」

現時点でのJリーグをヨーロッパや南米のリーグと比べるといかがでしょうか?
「Jリーグはとてもクリーンでフェアなリーグです。これは世界に誇れるファンタスティックな側面だと思います。それはまるで山から流れ出る水のように、清く美しいものと言えるでしょう。それ自体が非常に大きな成功であり、だから私は日本という国とJリーグが大好きなのです」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO