FOLLOW US

大分DF高木和道、肉離れで全治4週間

4週間の離脱が決まった大分DF高木 [写真]=浦正弘

 大分トリニータは13日、DF高木和道が左ひらめ筋の肉離れにより、全治4週間と診断されたことを発表した。

 高木は、8日の練習中に負傷し、大分市内の病院で検査を受けていた。今後は、経過を見ながら大分市内にてリハビリを実施予定と併せて発表されている。今シーズンはリーグ戦7試合、ヤマザキナビスコカップに1試合出場していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA