FOLLOW US

ドローを悔やむ中村憲剛「結果を残せる良いサッカーができていた」

中村憲剛は「迫力ある攻撃ができていた」だけに「勝ちたかった」と試合を振り返った [写真]=Getty Images

 J1第11節が11日に行われ、川崎フロンターレセレッソ大阪が対戦した。

 敵地に乗り込んだC大阪が、枝村匠馬、シンプリシオの得点により2点リードで前半を終える。しかし、後半に入ると川崎が反撃。大久保嘉人が2得点を挙げ、2-2の引き分けに持ち込んでいる。

 川崎の中村憲剛は、以下のように試合を振り返った。

「前半に失点してしまったが、うまく崩せていたし、逆転できそうだったので、もったいなかった」

「迫力ある攻撃ができていたし、前線からのプレスを前半からやり続けていたことが生きたと思う。結果を出せるような良いサッカーができていたので、今日は余計に勝ちたかったです」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA