2013.05.11

2点を追いついた川崎の風間八宏監督「非常にもったいないゲーム」

 J1第11節が11日に行われ、川崎フロンターレとセレッソ大阪が対戦。アウェーのC大阪が前半に枝村匠馬、シンプリシオの得点で2点を先制したが、川崎が後半に大久保嘉人の2ゴールで追いつき、2-2で引き分けた。

 試合後、川崎の風間八宏監督は以下のようにドローを振り返った。

「非常にもったいないゲームだった、というのが率直な感想。ちょっとした集中を欠いたプレーが出たがために、失点してしまった。しかし失点以外については、非常に良い内容だったと思う」

「相手より多くのチャンスを作り出し、どういう状態になってもしっかりサッカーができていた。前からボールを取られにきても、前節や前々節同様、慌てずにボールを回すことができた。それだけに、引き分けという結果は非常にもったいないと感じる」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る