FOLLOW US

2点差追いつかれたC大阪のクルピ監督「面白い美しいゲーム」

「見ていて面白い、美しいゲームだった」と試合を振り返ったC大阪のクルピ監督 [写真]=Getty Images

 J1第11節が11日に行われ、川崎フロンターレセレッソ大阪が対戦。アウェーのC大阪が前半に枝村匠馬、シンプリシオの得点で2点を先制したが、川崎が後半に大久保嘉人の2ゴールで追いつき、2-2で引き分けた。

 試合後、C大阪のレヴィー・クルピ監督は以下のようにドローを振り返った。

「見ていて面白い、美しいゲームだったと思う。引き分けは妥当な結果だった。川崎のほうが経験のある選手が多く、ボールポゼッションを大事にしてくるチームだというのは分かっていた。そういった中で、我々は常にゴールに直結するプレーをしようという意識を持ってプレーし、前半のうちに2点を奪うことができた」

「しかし逆に、後半に入ると、川崎は前半に足りなかったゴールへ向かう意識を強くし、我々はそこが弱くなってしまった。その結果同点になったということで、妥当なスコアだと思う」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO