2013.05.06

先制点のC大阪FW杉本「僕が2点3点と取っていれば勝てた試合」

 J1第10節が6日に行われ、セレッソ大阪と浦和レッズが対戦。試合は後半に動きを見せ、63分にC大阪の杉本健勇が先制点を挙げると、浦和は71分に原口元気、82分に那須大亮が得点して逆転に成功する。しかし、87分にC大阪の山口螢が得点して、試合はシーソーゲームの末、2-2の引き分けに終わった。

 試合後、先制点を挙げたC大阪の杉本は、以下のように試合を振り返っている。

「ゴールが入った時は嬉しかったです。でもやっぱり勝てなかったので…。でも引き分けに持って行ったのは良いこと。ゴールはイメージ通りでした」

「浦和はすごいボールを回すのがうまいですし、自分たちが守備に回る時間がすごく多かったので、むずかしい試合でした」

「(柿谷)曜一朗は6点も取っているし、マークも厳しいと思うけど、もっともっと曜一朗との2トップで崩せる場面を多く作っていかないとダメだと思った。孤立した場面で2人で崩すこともすごい大事。次の試合までに、練習で、そういう細かいところを修正していきます。もっともっと、僕が2点3点と取っていれば勝てた試合。チャンスはあったし、そのなかで1点しか取れなかったので全然満足できないです」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る