2013.05.06

ドローにも浦和指揮官「クリエイティブで危険な攻撃を仕掛けた」

 J1第10節が6日に行われ、セレッソ大阪と浦和レッズが対戦。試合は後半に動きを見せ、63分にC大阪の杉本健勇が先制点を挙げると、浦和は71分に原口元気、82分に那須大亮が得点して逆転に成功する。しかし、87分にC大阪の山口螢が得点して、試合はシーソーゲームの末、2-2の引き分けに終わった。

 試合後、浦和のミハイロ・ペトロヴィッチ監督は、以下のように試合を振り返っている。

「今日は非常にいいゲームだった。特に、見に来たサポーターにとっては、緊張感がある非常に面白いゲームだったと思う」

「(自分たちは)試合を通して相手を上回れていたが、チャンスを生かせなかった。決定機を外すと、結果には結びつかない。このように外し続ければ負けることもある」

「個人的に、セレッソはJリーグで最も攻撃的なチームだと思っている。そうした強いチームを相手に、崩されてのチャンスはなかった。自分たちは攻撃で相手を崩し、シュートチャンスもつくれた。つまり攻撃で上回れていた。セレッソのシュートは、崩されたというより、こぼれ(球)をズドンといかれただけ。一方、レッズはクリエイティブで危険な攻撃を仕掛けることができた」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る