2013.05.06

大宮がクラブ新の7連勝で首位維持、横浜FMは4戦勝利無し/J1第10節

 J1第10節が6日に各地で行われた。

 J1無敗記録更新を続け、6連勝中の首位大宮アルディージャは、ホームで昨年のJ1王者であるサンフレッチェ広島と対戦した。前半をスコアレスで折り返すと、ノヴァコヴィッチの得点で先制するが、広島も佐藤寿人のゴールで同点とする一進一退の展開になる。迎えた84分に大宮はロングボールの処理を広島DF水本裕貴が誤り、裏へ走り込んだ富山貴光が飛び出したGK増田卓也に先んじて頭で触って、決勝点を得た。この場面で富山と増田が頭同士で衝突し、富山が担架で、増田がピッチ内に倒れ込んだまま救急車で搬送されている。試合はそのまま終了し、大宮がJ1無敗記録を21に伸ばし、クラブ新となる7連勝で首位を維持した。

 開幕6連勝の後、2分1敗と勝利のない2位の横浜F・マリノスは、アウェーで柏レイソルと対戦。8分にクレオのゴールで柏に先制を許すと、21分に兵藤慎剛のゴールで一時同点としたが、後半に入って60分、工藤壮人に勝ち越し点を決められ、1-2で敗れた。

 リーグ戦の消化が1試合少ない浦和レッズは、セレッソ大阪と対戦したが2-2の引き分けに終わり、代わりに湘南ベルマーレに勝利した鹿島アントラーズが勝ち点を19に伸ばして、3位に浮上した。

■J1第10節結果

新潟 1-1 甲府
清水 1-2 川崎
大宮 2-1 広島
FC東京 2-2 磐田
鹿島 1-0 湘南
C大阪 2-2 浦和
大分 2-4 鳥栖
柏 2-1 横浜FM
名古屋 0-2 仙台

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る