2013.05.06

土壇場追いつかれた磐田「選手たちは十二分にやってくれた」

試合を振り返った磐田の長澤コーチ [写真]=山口剛生

 J1第10節が6日に行われ、FC東京とジュビロ磐田が対戦。2点を先行した磐田だったが、FC東京も終盤に反撃し、ロスタイムに挙げた李忠成のゴールにより土壇場でドローに持ち込んだ。

 試合後、4日に退任した森下仁志監督の後を受け、チームを指揮した磐田の長澤徹コーチは、以下のように試合を振り返った。

「まず、先週に大きなことがあったにも関わらず、多くのサポーターが足を運んでくれたことに感謝したいです。東京にイニシアチブを取られることは、ある程度は想定内でした。その中で選手たちは十二分にやってくれたと思います。最後に追いつかれましたが、選手たちは良くやってくれたと思っています」

―布陣を4-4-2へ変更した理由と今後の起用は?
「今回はトレーニングから、相手に何が脅威になるかを考えていました。攻撃に金園英学と前田遼一の2枚を置くことで最終ラインが3枚になりましたが、ビルドアップの時にも3枚になることはあるので、あまり変化はなかったのではないか。今後に関してはやっていく上で考えたいです」

―田中裕人選手を先発で起用した意図は?
「2つありますが、米本拓司とマッチアップさせてボールの拾い合いを互角以上にしたかったこと。そしてボールを握られる時間に脅威を与えたかったことです。流れをつかみたかったので起用しました」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る