2013.05.06

大宮がクラブ新の7連勝も…頭部強打の広島GK増田が救急車で搬送

救急車で搬送される広島GK増田 [写真]=Getty Images

 J1第10節が6日に行われ、大宮アルディージャとサンフレッチェ広島が対戦した。

 前節の大分戦で、昨季から続くJ1の無敗記録を20試合に更新した大宮は、ホームに広島を迎えた。好調の大宮は、23分に先制のチャンスを得る。左サイドのチョ・ヨンチョルのクロスをノヴァコヴィッチが合わせたが、得点には至らなかった。一方の広島は、34分に青山敏弘がフリーキックからゴールを狙うが、惜しくも枠を捉えられず、前半は0-0のまま終了した。

 迎えた後半、均衡を破ったのは大宮だった。67分、右サイドの今井智基が上げたクロスを、ノヴァコヴィッチが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。しかし、大宮は77分に一瞬の隙を突かれ、同点ゴールを献上してしまう。途中出場した井波靖奈のシュート性のクロスに佐藤寿人がダイレクトで合わせた。

 佐藤の同点弾により、広島が試合のペースを握るかに思われたが、大宮が値千金の勝ち越し点を奪う。84分、広島の水本裕貴がロングボールの処理を誤ると、ルーズボールに途中出場の富山貴光が飛び込んだ。頭でゴールに押し込んだ富山だったが、飛び出してきたGK増田卓也と激しく交錯。両者ともに頭部を強打し、試合は一時中断した。なお、富山は担架で運ばれ、増田はピッチに入ってきた救急車により搬送されている。

 アクシデントにより約20分間の中断の後、試合は84分から再開。その後は両チームともに得点を奪うことができず、試合は2-1で終了した。

 勝利を収めた大宮は、J1リーグ戦無敗記録を21試合に更新。クラブ新記録となるJ1リーグ戦7連勝で勝ち点を26に伸ばし、首位をキープしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る