FOLLOW US

横浜FMが土壇場で甲府に追いつかれてドロー…大宮が首位に浮上

横浜FMは試合終了間際に同点ゴールを浴び、引き分けた [写真]=兼子愼一郎

 J1第8節が27日に行われ、横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府が対戦した。

 前節の黒星で開幕連勝が止まった横浜FMだが、ホーム戦に臨むと、開始早々の4分に先制点を奪う。中村俊輔がFKを直接蹴り込み、甲府ゴールを破った。

 絶好の立ち上がりを見せた横浜FMは、先制後もチャンスを得るが、追加点を奪えないまま前半を折り返す。後半に入っても決定機を得ながらも2点目を挙げられずにいると、試合終了間際に同点弾を浴びてしまう。後半ロスタイムに、水野晃樹にロングスローを入れられると、ゴール前で混戦が発生。土屋征夫のシュートがクロスバーに直撃してこぼれたところを青山直晃に押し込まれてしまった。

 土壇場で振り出しに戻った試合は、1-1でタイムアップを迎えた。前節まで首位だった横浜FMは、勝ち点19で暫定2位に後退。前日に勝利して勝ち点20の大宮アルディージャが首位に立っている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA