FOLLOW US

18戦無敗の大宮ズラタン「チーム全員で戦い勝てたことが嬉しい」

先発したズラタン。決勝点をマーク [写真]=清原茂樹

 J1第7節が20日に行われ、大宮アルディージャ浦和レッズが対戦する“さいたまダービー”が実施された。試合はホームの大宮がズラタンのゴールで1-0と競り勝ち、J1新記録となる18試合無敗も達成した。

 大宮の決勝点を挙げたズラタン渡邉大剛菊地光将が試合後、以下のように勝利を振り返った。

ズラタン
「チーム全員で戦い勝てたことが嬉しい。浦和は強いチームだが、ボールを奪ったあとにチャンスが生まれると思っていた」

「効果的に攻撃できるかがカギだった。ゲームをコントロールして勝つことができた。ゴールシーンは、みんなのおかげ。自分の得点より勝つことが大事。貢献できて良かった」

「サポーターの応援がとても後押しになった。今日は得点したが、みんなが点を取っていて勝つことにつながっているのでモチベーションも高い良い状態です」

渡邉大剛
「勝てて嬉しいです。試合前から両サポーターが最高の雰囲気を作ってくれた。感謝の気持ちをこめてプレーをしようと決めていました」

「レッズはビルドアップしながら攻めてくるのがわかっていたし、スリートップが危険なのでしっかりと抑えることを意識した。攻撃でもボールは持てるだろうと思っていたのでしっかりと動かしながらチャンスを作ろうと思っていた」

「ゴールシーンはイメージ通りで、いい時間に取れて良かった。記録がかかっていましたが、記録更新より勝てたことが一番。このまま勢いに乗って行きたい」

「後半はボールを持たれる時間が多かった。でもそんなに浦和の攻撃がはまっているなという感じではなかったので、後ろに引いて攻撃を受け止めて跳ね返そうとみんながトライできた」

「ダービーに記録更新という状況でしたがいつも通りにやれば勝つチャンスがあると思っていた」

菊地光将
「結果が出て良かった。浦和に回されてもフリーで持たれる方がこわかったので、守備の対応は考えながらやっていた。1人余らせるか同数で対応するかを使い分けるように話していました」

「今日はホームなので勝ち点3を取りたいと思った。勝ち切ろうと話していたので良かったです」

Jリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA