FOLLOW US

3失点敗戦の名古屋ストイコヴィッチ監督「アマチュアのサッカー」

名古屋は逆転負けを喫した [写真]=山口剛生

 J1第7節が20日に行われ、FC東京名古屋グランパスが対戦。ホームのFC東京が3-1で快勝した。

 試合後、名古屋のドラガン・ストイコヴィッチ監督が、以下のように敗戦を振り返った。

「まずはFC東京さんに『おめでとう』と言いたい。私たちが彼らにフレッシュな空気を与えてしまった。私たちは1試合で多くのミスをした。結果は妥当だと思う」

「前半は我々としてもいいサッカーができ、素晴らしいクロスからケネディが決めて1-0になった。ただ、何が起こるか分からない。2つのミスからPKを与え、3点目も決められた」

―前半の闘莉王選手のハンド(実際にはハンドの判定ではない)に関してや、その後のレフェリーの判定に関しては?
「ハンドなのか体なのか、肩なのか分からない。ベンチからは見えなかった。私は的確な人間ではないので、それはレフェリーに聞いてほしい。田中隼磨の判定も分からない。ただ、後半の私たちは勝ちに値しなかった。ある意味、アマチュアのサッカーだった」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO