FOLLOW US

リーグ新の開幕6連勝を達成した横浜FM「全然喜べない」

富澤のゴールで、歓喜の輪を作る横浜FM [写真]=清原茂樹

 Jリーグ第6節が13日に行われ、横浜FM川崎が対戦。横浜FMが富澤清太郎端戸仁の得点で2-1と競り勝ち、現行の1シーズン制になって以降ではリーグ新となる開幕6連勝で首位を守った。

 試合後、中村俊輔と富澤、端戸が勝利を以下のように振り返った。

中村俊輔
「(失点シーンについて)引いている間にバックしないと。ニアにいてファーに行ったら下がるというのはテツ(榎本哲也)との決めごとだけど、いい経験になった。バックしていれば、ヘッドで弾き返せたから。そこは反省しないといけない。あとは(齋藤)学がボールを持った時にすごく前に行くからサポートが遅れちゃう。サポートしないともったいないから、そこは学とコミュニケーション取りつつやらないといけない」

富澤清太郎
「全然喜べない。セットプレーで完全に相手に潜られて距離ができちゃったから…。それよりも先のことを考えないといけない。(ゴールシーンについて)ピッタリだった。フロンターレの選手はゾーンで守っているけど、隙があるということです。だからうちはチャンスがすごくあったんじゃないかな。(リーグ6連勝について)僕自身は勝っている気持ちがしない。6連勝している気分じゃないというか。もっと相手を圧倒したいし、もっと自分自身との戦いになってくると思う。早く連勝している気持ちになりたいし、俺らは強いんだという自信を持ってプレーしたい」

端戸仁
「本当は町くん(中町公祐)がゴール前じゃなくて、僕がゴール前のはずだった。運もあるけど、ボールが転がってきたので、何も考えずに蹴れたのが良かった。点を取ればヒーローになれると思って(ピッチに)出ていったのもあるけど、ゴールシーンは無我夢中で打ったという感じです。どんな体勢でも狙える準備はしていたけど、やはり運が良かったところもあるのかなと思う。これからが本当に大事になる。スタメンで出るにはもっともっとインパクト出していきたい」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO