2013.03.17

終了間際に決勝点を許した甲府「自分たちのサッカーはできている」

 J1第3節が16日に行われ、甲府名古屋が対戦。アウェーの名古屋が、後半ロスタイムに本多勇喜が挙げたゴールで1-0と勝利した。

 試合後、甲府のGK荻晃太とMF柏好文が、敗戦を以下のように振り返った。

荻晃太
「(今日の試合を振り返って)チームとして最後までハードワークできていた。僕のミスで勝ち点1を逃したので、チームのみんなや応援してくれた方に申し訳ないし、悔しい」

―なぜミスが生まれたと思うか?
「パンチングで外せば良かったが、キャッチして時間を作ろうと欲が出てしまった」

―水曜日にナビスコカップが控えているが?
「明日からも練習があるし、試合に向けてチームのいい雰囲気を壊さないようにしたい」

柏好文
「(今日の試合を振り返って)自分たちのサッカーができていたし、勝ち点を取る試合だった。手応えはあるが、いい内容だけで終わってはいけない。ブレずに続けたい」

「3試合が終わって、ビッグクラブに対しても自分たちのサッカーはできているし、手応えを感じている。シーズンを通してできる確信がある。甲府の良さはもっと出せる」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る