FOLLOW US

黒星発進の川崎・風間八宏監督「もう少しうまく滑り出せれば」

今季から川崎に加入した大久保(左) [写真]=野口岳彦

 J1第1節が3日に行われ、柏と川崎が対戦。ホームの柏がクレオの2ゴールなどで、3-1と快勝した。

 試合後、川崎の風間八宏監督が以下のように敗戦を振り返った。

「結果は残念だった。初めの10分をもう少しうまく滑り出せれば良かったが、ミスが出て失点してしまった。ただ、0-1ではそんなに影響がないし、その後はだいぶやれたと思うが、2失点目が大きかった。(2失点目のシーンについては)ここへ来るといつも不運を感じる」

「全体的には、カウンター以外のところでは守備もうまくいっていたし、ボールを持ってチャンスを作るというのもだいぶいけるようになってきたと思う。その中で、カウンターを受ける回数は確実に減らさないといけないし、攻撃でも、最後のところでボールひとつ、2つ分ずれているので、その辺をきっちりやっていければ、あるいはやっていかなければいけないというのを改めて感じた」

「(中村憲剛の欠場理由は?)体調不良。熱は下がったと聞いているが、少し嘔吐と下痢がある。無理はさせたくないということでこういう判断になった。憲剛がいなければいけないという考えはしていない。今日の布陣も練習の中でのベストを選んだ。(森谷賢太郎を代えて大久保嘉人を中盤に下げた理由は?)足を痛めていたのと、少し前に入りすぎて視野を失っていた。当然点を取りにいかなければいけないので、前線の枚数は変えたくなかった。それから稲本(潤一)が1人でうまくやってくれていたので、そういう交代になった」

「(大久保について)素晴らしい選手。動きの質の部分はもう少し合わせていかなければならないが、相手を外すこともできるし、何よりボールを奪われない。もっともっとこれからいい場面が出てくると思う」

[写真]=野口岳彦

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA