FOLLOW US

リーグ戦チーム最年少ゴールの石毛「先輩たちの記録変えて光栄」

2点ビハインドの中、追撃弾を挙げた清水の石毛 [写真]=野口岳彦

 J1第1節が2日に各地で行われ、大宮と清水が対戦。後半にスコアが動いた試合は大宮が2点を先行するも、清水が追い付き、2-2の引き分けに終わった。

 試合後、清水のアフシン・ゴトビ監督、18歳と5カ月でリーグ戦クラブ最年少ゴールを挙げた石毛秀樹、同点ゴールを決めた内田健太は、以下のように振り返った。

■アフシン・ゴトビ監督
「どちらのサポーターにとっても4点入り良いゲームだった。前後半で違う試合になったのは風の影響があるだろう。前半は、石毛のチャンスなど良い場面があった。後半は清水のペースだったが、2失点し、選手交代とシステム変更して追い付くことができた。同点になってからチャンスがあったのに、なぜ追加点にならなかったのかは不思議だ」

「まだ若いチームなので、忍耐強く戦い追い付けたことは、将来に良いチームになるし、成長にワクワクしている」

■石毛秀樹
「チーム最年少ゴールは、素晴らしい先輩たちの記録を変えられ、光栄です。ただチャンスがあったのに決められず、残念です。ゴールは、みんなで取ったので感謝したい。今日はウィングでも中に入ってボールを受けられたし、イメージどおりだった。2失点後はゴール前に顔を出すように意識して動きました」

■内田健太
「先制されて、苦しい展開だったので、追い付くことができて良かった。途中出場で、左足を見せてくれと言われました。次は、ホームなのでもっと清水のサッカーを表現できるように頑張り、サポーターのみなさんと喜びを分かち合いたいです」

[写真]=野口岳彦

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA