FOLLOW US

広島の佐藤寿人「兄から柏の弱点を聞いておいた」/ゼロックス杯

決勝点を挙げ、喜ぶ佐藤寿人(右端) [写真]=嶋田健一

 Jリーグの今季初となる公式戦であるゼロックス・スーパーカップが、23日に国立競技場で行われ、J1王者の広島と天皇杯王者の柏が対戦。広島が、前半に佐藤寿人の挙げたゴールで1-0と勝利を収めて、2008年以来、5季ぶり2度目の優勝を飾った。

 豪快なボレーシュートで決勝点を挙げた佐藤が、試合後に勝利を以下のように振り返った。

「一昨日、(双子の兄である)勇人と食事をする機会があって、ちばぎんカップでレイソルと対戦して、3バックの弱点を聞いておいたんです。さすがに3バックはやらないだろうなと思っていたんですけど、向こうが3バックで来たので、狙えるポイントはしっかりチームメートに伝えて、上手く突けたと思います」

―ゴールパフォ―マンスは?
「固定看板が良かったですね。そうすればもっときれいに映ったと思うので、そこは非常に難しかったです。スーパーカップもそうですし、ずっと日本サッカーを支援してくれているスポンサー企業の方々にも喜んでもらえるように、とチーム内で話をしました。人文字でゼロックスを表現しようという案もあったんですけど、それはちょっとすべりそうだったので、やめておきました(笑)」

「(最初メイン側へ来てから、バックスタンドへ向かったのは)ウォーミングアップの時に、看板がどっち側なのかを確認しようと思ったら、全然違うスポンサーが出ていたので難しいなと思っていたんです。そうしたらゴールが決まった時にゼロックスさんの看板だったんですよ。違う看板だったら2番目の候補だったパフォーマンスをする予定だったので、あわてて行きました」

「(発案は)僕ですね。写真を撮っているイメージで、それをメディアの皆さんに載せてもらえれば、スポンサーさんにメリットがあるじゃないですか。だから、きれいに映ってほしかったんです。ゴール裏の看板は白地だったんですけど、さすがに柏サポーター側で記念写真は撮れなかった。両サイドは流れるような看板で難しかったですね」

「(Jリーグ20周年の開幕について)Jリーグで育ってきた世代ですし、Jリーグの良さを伝えていきたい思いはあります。もっと国内リーグを盛り上げることで将来の子供たちたちがもっと良い環境でやっていくことにもつながるでしょうし、代表の強化にもつながっていくこともあると思う。選手それぞれプライドを持ってやっていると思うし、僕は僕でずっと国内でやってきたプライドがある。今日はたまたま素晴らしいゴールを決めることができたので、そういったゴールシーンをいろいろな形で放送していただけると、Jリーグも面白いのかなと興味を持ってくれる人が増えてくると思う。これからも試合を通じて、しっかりとサッカーの楽しさ、Jリーグの面白さを伝えていきたいと思います」

[写真]=嶋田健一

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA