2013.01.09

神戸の野沢拓也が鹿島に復帰「頭の片隅にはいつもアントラーズがあった」

鹿島への復帰が決まった野沢

 鹿島は9日、神戸からMF野沢拓也を完全移籍で獲得したと発表した。野沢は昨季、神戸へ完全移籍をしたが、1年で鹿島への復帰が決まった。

 復帰が決まった野沢は、鹿島の公式HPで以下のようにコメントをしている。

「もう一度、鹿島アントラーズのユニフォームを着て戦えることに、深い感謝の気持ちと言葉に表せないほどの喜びを感じています。1年前に悩み抜いて移籍を決断し、新たな挑戦に踏み切りました。しかし、頭の片隅には常にアントラーズがありました。17年間在籍したクラブを後にするということの意味を実際に離れることで思い知りました。サポーターの皆さんの中に賛否両論があることは当然のことで、自分としてはそれを真摯に受け止めていかなくてはならないと思っています。自分は言葉で説明するのが上手なタイプではないし、とにかくプレーや行動で示すことが何よりも大事だと思います。再びアントラーズサポーターの皆さんと一緒に歩ませてください。よろしくお願いします」

 また、退団する神戸については、公式HPで以下のようにコメントしている。

「1年間お世話になりました。アントラーズしか知らなかった自分を受け入れてもらい、多くの声援の下、プレーさせていただいたにも関わらず、期待に添える結果を残せなかったことに責任を感じています」

「ヴィッセルをJ1に復帰させなければならないという気持ちの一方で、新たに生まれ変わろうとしているヴィッセルの将来像、そして自分自身の故郷や古巣への思いなど、一年前同様、悩みぬきました。その結果として、ヴィッセルを離れ、アントラーズで再びプレーすることを決断しました。本当に短い時間で、申し訳ない気持ちでいっぱいです。心からヴィッセルのJ1復帰を願っています」

「自分の気持ちを表現することが苦手で、言葉にすることはもっと苦手な自分を1年間サポートしてくれたことを本当に感謝しています。ありがとうございました」

 鹿島の下部組織出身の野沢は、1999年から2011年まで鹿島でプレー。神戸に所属していた昨季は、チームトップとなるリーグ戦33試合に出場し、5得点を挙げていた。

[写真]=高見直樹

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る