2012.12.27

神戸のパク・カンジョが競艇選手に転向「もうひとつの夢への最後のチャンス」

 神戸は27日、元韓国代表MFパク・カンジョが今季限りで現役を引退すると発表した。なお、競艇選手に転向して、2013年4月から育成学校に入学し、2014年5月に尼崎ボートレース場でのデビューを目指すことも併せて発表されている。

 パクは引退の際に以下のようにコメントした。

「このたび、サッカー選手を引退することになりました。サッカー選手として15年間、そのうち10年間ヴィッセル神戸でプレーすることができ、幸せなサッカー人生でした。この間、支えてくれた家族、また今まで応援してくださったサポーターの方々、そしてチームスタッフ、チームメイト、スポンサーの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ヴィッセルをJ2に落としてこのような形で引退することになり、本当に申し訳なく思っています。でも、自分のもうひとつの夢であるボートレーサーになるチャンスは、年齢的にも最後だと思い、挑戦しました。これからは厳しい訓練生活に入っていきますが、一年間頑張り、プロレーサーになってきたいと思います。その時には是非応援してください。そしてこれからは自分もヴィッセル神戸の一(いち)サポーターとして、ヴィッセル神戸を応援していきたいと思います。10年間本当にありがとうございました」

 32歳のパクは、1998年に滝川第二高校から京都に加入。2000年から2002年までは韓国の城南一和に在籍して、2003年から神戸でプレーしていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る