FOLLOW US

岡山のGK中牧大輔が現役引退「たくさんの人に支えられてサッカーができて幸せだった」

 岡山は19日、GK中牧大輔が今季限りで現役を引退すると発表した。公式HPで伝えている。

 中牧は、東京学館浦安高校を卒業後、2005年に千葉に入団。2010年まで千葉に所属し、2011年から岡山でプレー。今季は、JFLのFC琉球に期限付き移籍をしていた。

 以下、中牧大輔コメント。

「私、中牧大輔は、今シーズンをもって引退することを決断いたしました。プロ生活をジェフでスタートし8年間、自分を育ててくれた3つのクラブ、熱心に練習に付き合ってくれたコーチ、チームメイト、常に体のことをケアしてくれたトレーナーには、感謝の気持ちでいっぱいです。そしてどんなに練習が終わるのが遅くても自分が帰るまで待ってくれるサポーターの方々の笑顔は今でも忘れられません。8年間の選手生活は、怪我との戦いでしたが、どんな時も素晴らしいチームスタッフ、常に温かい声をかけてくれるサポーターの皆さん、そしてどんな時も励ましてくれる家族、関わってくださったすべての人に支えられてサッカーができたことが本当に幸せでした」

「この8年間でたくさんのことを経験し、サッカー選手としてだけでなく、人としてたくさんの事を学ぶことができました。一度サッカーからは離れますが、この経験を次の人生にいかして行きたいと思います。また皆さんとどこかで会えることを楽しみにしています。本当にありがとうございました」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA