FOLLOW US

仙台の日本代表MF関口、浦和への完全移籍が決定

浦和への移籍が決まった関口

 浦和は18日、仙台から日本代表MF関口訓充を完全移籍で獲得したと発表した。

 関口は、2004年に帝京高校を卒業後、仙台へ加入。9シーズン在籍し、J1通算84試合出場5得点、J2通算190試合出場17得点を記録している。

 移籍決定に際し、関口は以下のようにコメントしている。

「来シーズンから浦和レッズでプレーすることになりました関口訓充です。9年間ベガルタ仙台でプレーしましたが、新しい環境に身を置いて競争することで自分が更に成長できると考えて移籍を決断しました。すべてのタイトルを取るために自分の持てる力をすべて出し切り、チームの勝利に貢献したいと思います。サポーターの皆さんと共に闘っていきますので、応援よろしくお願いします」

[写真]=山口剛生


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO