FOLLOW US

ベストヤングプレーヤー賞の柴崎「受賞に値する選手はゼロ人。世界に追いつかなければ」

ベストヤングプレーヤー賞を受賞した柴崎だが、「世界のトップに追いつかなければいけない」とコメントした

 2012 Jリーグアウォーズが3日に行われ、ベストヤングプレーヤー賞に鹿島の柴崎岳が選出された。

 20歳の柴崎はプロ2年目の今季、リーグ戦31試合に出場して1得点を記録していた。また、11月3日に行われた清水とのヤマザキナビスコカップ決勝でも、2得点をマーク。鹿島の大会連覇に貢献するとともに、MVPに選出されていた。

 以下、柴崎のコメント。

「20回目、僕も今年20歳、語呂合わせが良くてとても気持ち良いです。多くの選手に投票していただき、ありがたいと思っています。ですが、僕自身はこの賞を受賞することに違和感もありました。今年のヤングプレーヤー賞を受賞するに値する選手はゼロ人だったと思っています。世界的に見れば、ミランの(ステファン)エル・シャーラウィ、レアル・マドリードの(ラファエル)ヴァラン、サントスのネイマールらトップで活躍している選手は同年代にたくさんいます。彼らに追いつかなければ、世界と闘うことはできない。追いついていかなければと思っています」

「最後に、僕を支えてくれたジョルジーニョ監督、家族、チームのスタッフ、チームメート、サポーターの方々に感謝したいと思います」

[写真]=足立雅史


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO