2012.11.30

4チームが2枠を巡って争う残留への条件は/J1最終節

熾烈な残留争いの行方は……

 第33節に広島が初の年間優勝を決めたJ1は、12月1日に最終節を迎える。16位から18位までの3チームがJ2に自動降格する残留争いは、既に最下位の札幌の降格が決定。残り2チームが最終節で決定する。

 降格の可能性があるチームは、14位C大阪と15位神戸、16位G大阪、17位新潟の4チーム。C大阪は引き分け以上、神戸は勝てば残留が決まり、降格圏に沈むG大阪と新潟は敗れた時点で降格が決定する。4チームは、いずれもAFCチャンピオンズリーグの出場権や残留争いに関わらないチームと対戦。また、磐田とのアウェー戦に臨むG大阪以外の3チームは、いずれもホームゲームとなった。

 各チームの最終節の対戦相手、順位、J1残留の条件は以下のとおり。

■第33節終了時点の順位
14位 C大阪 勝ち点41 得失点差-6
15位 神戸  勝ち点39 得失点差-8
16位 G大阪 勝ち点38 得失点差+3
17位 新潟  勝ち点37 得失点差-8

■最終節の対戦相手(全試合12月1日15:30 キックオフ)
C大阪 vs 川崎(長居)
神戸 vs 広島(ホームズ)
磐田 vs G大阪(ヤマハ)
新潟 vs札幌(東北電ス)

■各チームのJ1の残留条件(○=勝ち、△=分け、●=負け)
14位 C大阪(vs川崎)
○(勝ち点44)の場合→残留
△(勝ち点42)の場合→残留
●(勝ち点41)の場合→神戸とG大阪のどちらかが△または●で残留

15位 神戸(vs広島)
○(勝ち点42)の場合→残留
△(勝ち点40)の場合→G大阪と新潟が△または●で残留
●(勝ち点39)の場合→G大阪が●で新潟が△または●で残留

16位 G大阪(vs磐田)
○(勝ち点41)の場合→C大阪が●か神戸が△または●で残留
△(勝ち点39)の場合→神戸が●で新潟が△または●で残留
●(勝ち点38)の場合→他会場の結果に関係なく降格

17位 新潟(vs札幌)
○(勝ち点40)の場合→神戸とG大阪が△または●で残留
△(勝ち点38)の場合→他会場の結果に関係なく降格
●(勝ち点37)の場合→他会場の結果に関係なく降格

[写真]=吉田孝充、嶋田健一、白井誠ニ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る