2012.11.12

町田のJFL降格が決定…下川代表取締役「(再び)Jリーグの舞台に」

 JFL優勝を決めたV・ファーレン長崎の来季のJリーグ入会が認められたことにより、J2最下位の町田のJFL降格が決定した。

 町田はクラブHPで下川浩之代表取締役の言葉を掲載した。下川氏の言葉は以下のとおり。

 日頃よりFC町田ゼルビアに格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

 今シーズンのリーグ最終戦となりました11日(日)の湘南ベルマーレ戦におきまして、2012年のJリーグディビジョン2の全日程が終了致しました。非常に多くの皆様に応援して頂きましたが、大変申し訳ないことに0-3で敗戦し、FC町田ゼルビアは22位と最下位に終わりました。

 私達にとりまして、初めてのJリーグのシーズンとなった中、多くのファン・サポーター・パートナー企業・町田市民の皆様に御期待を頂き、有形無形の御支援を承りましたが、このような結果となり心よりお詫び申し上げます。そして、皆様にはホームゲームはもちろんのこと、アウェイゲームにも多数お越し頂き、選手に力を与えて頂きました。本当にありがとうございました。

 本日12日(月)、Jリーグの臨時理事会が開かれ、日本フットボールリーグ(JFL)のV・ファーレン長崎が来季からのJリーグ入会が正式に承認されました。それと同時に、来季、FC町田ゼルビアはJFLへ自動降格することが決定いたしました。

 2013年シーズン、FC町田ゼルビアは再び戦いの舞台をJFLへと移すことになりました。Jリーグの舞台で戦うゼルビアを見たい、と強く願って頂いた皆様には、その御期待に応えることができず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでございます。

 しかし、私達は「挑戦」し続けます。本日、Jリーグにて開かれました会見で、大東和美チェアマンからは「これでJリーグの道が断たれたわけではありません。再度、クラブ中心となってチームを立て直し、ホームタウンのファン・サポーターととも、あらゆる意味で強固な基盤を携えてJリーグの舞台に戻って来てくれることを、チェアマンとして期待しております」というお言葉を頂戴致しました。

 FC町田ゼルビアは、フロントも現場も一体となってクラブを整備し直し、Jリーグの舞台に戻って参りたいと思っております。そのためには、ファン・サポーター・パートナー企業・町田市民の皆様の、より多くの方のお力が必要です。今後も変わらぬご声援をいただきたくお願い申し上げます。

 リーグ戦は終わりましたが、ゼルビアにはまだ、クラブ史上初の16強入りを果たしている、第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会が残っております。12月15日(土)にはガンバ大阪と万博記念競技場で対戦いたします。相手はJ1の名門ですが、町田らしいサッカーを展開し、未来のFC町田ゼルビアの発展につながる試合をする所存です。

 アルディレス監督・選手たちもそこを目標に14日(水)からはトレーニングを再開し、18日(日)にはFC東京とトレーニングマッチを行う予定でございます。そして、1月1日、元日の国立競技場のピッチに立てるよう再びチーム一丸となって闘い続けます。どうか皆様、これからも温かいご声援をよろしくお願い申しあげます。

 株式会社ゼルビア 代表取締役 下川浩之

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る