FOLLOW US

巻き返しを誓うジョルジーニョ「シーズン終了時、皆さんと笑顔で会うことを約束」/鹿島オープンスタジアム

巻き返しを誓ったジョルジーニョ監督(右から2番目)

 茨城県立カシマサッカースタジアムにおいて23日、鹿島アントラーズ主催によるスタジアムの一般開放イベント『オープンスタジアム』が開催された。

 悪天候にも関わらず、人気企画「選手と一緒にスタジアムツアー」の整理券を求めて、朝9時前には定員予定を超えるサポーター・ファンが集結。約1500人がスタジアムへ来場し、つかの間のひとときを楽しんだ。9時30分開始の「オープンピッチ」により、イベントがスタート。一般開放されたピッチ以外のグラウンドレベルではサポーターズシートを指差したり、ピッチを見渡したりと、選手目線のスタジアムを楽しむファン・サポーターの姿が見られた。

 様々な選手のトークショーが行われた中、ジョルジーニョ監督とジュニーニョ、レナト、ドゥトラのブラジル人トリオも登場。ドゥトラがジュニーニョを“チョーロウ(長老)”と呼ぶと、サポーターからは笑い声が。本田拓也を始め、中田浩二らから日々日本語を教わっているという。

 2時間強という短い時間ながらも、笑顔で選手を迎えたサポーターに安堵の表情を浮かべた小笠原満男ら鹿島の選手たち。リーグ戦12位と低迷しているため、小笠原は「正直、今日は一人も来てくれないんじゃないかと思っていた。多くの方に来ていただいて嬉しく思います。皆さんの期待に応えられるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」と終盤の巻き返しを誓った。

 同じくジョルジーニョ監督も「今の結果は(指揮官として)みっともない。皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。気持ち的に落ち込んでいたところもあったが、今日、皆さんの笑顔を見て私も元気をもらいました。こういう結果のなか、応援してくださる皆さんには感謝しています。残りの8試合はもちろん、我々にはナビスコカップも天皇杯もあります。3つの戦いすべてに気持ちのこもったプレーをし、より良い順位、結果を残していきたい。シーズンが終わったとき、また皆さんと笑顔で会うことを約束して、今日はお別れしたいと思います」と常勝軍団復活を誓った。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA