FOLLOW US

J2の町田、元韓国代表イ・ガンジンの期限付き移籍を発表

 J2の町田は31日、元韓国代表DFイ・ガンジンを期限付き移籍で獲得したことをクラブの公式HPで発表した。

 イ・ガンジンは東京V、磐田でもプレーしていたセンターバックで、J1通算56試合1得点の成績。ヘディングや一対一の強さ、ラインコントロールなどの守備能力をバランスよく備え、さらには足元の技術も高く、攻撃の起点となるパスやビルドアップ能力も高い。

 契約期間は2012年7月26日から同年12月31日までで、背番号は「29」。31日の練習からチームに合流し練習後に加入内定会見を行い、チームの印象や今後に向けての意気込みを語った。

「ヴェルディのときにアルディレス監督の下でトレーニングをしていますので、特に困惑することはありませんでした。ただ、日本は今、すごく暑いので、それが少しきつかったです(笑)。韓国も暑いんですけど、日本のほうが暑いですね。チームのメンバーは、パスとかテクニックが良かったと思います。(練習でミニゲームを行ったとき)狭いスペースでもボールを動かせるので、良いなと思いました」

「韓国ではあまり試合出場のチャンスがありませんでした。そういう中、唐井GMから連絡をいただき、『オジーもいるし、一緒に戦ってくれないか。町田を助けてくれないか』と言われました。そういう気持ちがありがたかったですし、自分としても試合に出るチャンスが欲しかったので、移籍を決めました。『チームは良いサッカーをして、パスも回せているけど、少し失点が多い』と聞いています。自分が加入して、自分の力を発揮して、失点を少なくしたいと思います。とにかく、チームが良いサッカーをして、勝てるようにしたいです。約5カ月間(12月31日までの契約)のレンタルなので、自分の全部の力を出して頑張りたいと思います。日本が好きで、日本のサッカーが好きです。町田のパスサッカーも好きです。こういうチームでやれるのはすごく嬉しいこと。町田に加入して、自分の力を発揮し、このチームがもっと良い結果を出せるように頑張ります」

 

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA