2019.02.19

甲府退団の阿部翔平、東京都社会人2部へ…TOKYO CITY F.C.への加入決定

阿部翔平
阿部翔平の新天地が決定 [写真]=JL/Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 TOKYO CITY F.C.(東京都社会人2部)は19日、昨季までヴァンフォーレ甲府に所属していたDF阿部翔平が加入することを発表した。同選手は契約満了に伴い昨季限りで甲府を退団していた。新天地での背番号は「21」に決まっている。

 加入が決まり、阿部はTOKYO CITY F.C.のクラブ公式HPでコメントを発表。意気込みを述べた。

「TOKYO CITY F.C.の一員となりました、阿部翔平です。この勢いのある若いチームにベテランとして良い刺激を与えていきたいです。また、選手という立場だけでなく、チームの中で様々なことにチャレンジしていきたいと思っています。沢山の期待をしてもらえる、そんなチームを目指して頑張ります。応援よろしくお願いします」

 現在35歳の阿部は、これまで名古屋グランパスやヴァンフォーレ甲府、ジェフユナイテッド千葉でプレーしてきた。千葉から甲府に復帰した昨季は2018明治安田生命J2リーグで13試合、2018JリーグYBCルヴァンカップで6試合、第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会で3試合に出場した。通算では、J1リーグ戦317試合出場3得点、J2リーグ戦38試合出場1得点を記録している。

 一方、新天地となるTOKYO CITY F.C.は2014年に設立された「東京・渋谷発のソーシャルフットボールクラブ」だ。2019シーズンは東京都社会人サッカーリーグ2部に所属する。阿部はクラブ史上初のプロ契約選手となっている。

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る