2018.10.19

注目はCR7の人生だけじゃない! C・ロナウドの自伝映画には発見がいっぱい

左からジョルジュ・メンデス、C・ロナウド、C・ロナウド・ジュニア、C・ロナウドの母・マリアさん [写真]=Getty Images
サッカーキング編集部

編集部が独断で推薦!「秋に観たいサッカー映画」

「あいつは映画のために脱いだ!」

 2014年のチャンピオンズリーグ決勝後にそんな話が出たのを皆さん覚えていますか?

 この噂の真偽がどうかはわかりませんが、実際に映画で登場します。それがクリスティアーノ・ロナウドの自伝的ドキュメンタリー『RONALDO/ロナウド』。サッカー選手としてだけでなく、父親として、一人の息子として、ピッチ内外での様々な姿が描かれています。

クリスティアーノ・ロナウド

2013-14CL決勝で得点後にユニフォームを脱いだC・ロナウド

 CR7ファンだけでなく、サッカー好きな人ならそれだけで見る価値十分ですが、個人的にはこの映画、ロナウドだけでなく、“ジョルジュ・メンデス”という人間が垣間見える作品だと思っています。

 ジョルジュ・メンデス――。サッカー業界でナンバーワンの代理人でロナウド以外にも数多くの選手・監督を顧客に抱えています。で、このメンデス。映画の中ではとにかく電話、電話、電話。複数の携帯を手に持ち、バッテリーは欠かせず、ベルが鳴りっぱなしなんです。

 映画の中でも「電話は僕の命」とキッパリ言っているし、子どもを抱えながらも電話。いかに代理人という職業が24時間365日必要とされているか、わかります。

 ともすれば「銭ゲバ」「守銭奴」「クラブの敵」などと捉えられがちな代理人。映画の中で出てくるメンデスは、確かにお金や名誉へのこだわりが時折顔を覗かせていますが、選手のことをビジネスパートナー以上に考えている様が見て取れます。

ジョルジュ・メンデス

やり手代理人は試合中も何かをチェック [写真]=Getty Images

 個人的なおすすめシーンはエル・クラシコ勝利後の身内での祝勝会。そこでのメンデスのスピーチは、もちろんカメラも入っているためにセルフ・プロデュースはしていると思いますが、冗談を交えつつ、ほっこりする内容です。

 メンデス以外にもリオネル・メッシが登場してきたり、息子を学校に送り届けるシーンがあったり、ロナウドの母親が美容院で身だしなみを整えているシーンなど、いかに“ファミーリア”を大切にしているかがわかります。今、ロナウドはプライベートの問題を抱えて(本人は否定している)いますが、いかにスターの彼を取り巻く環境が異質で、一挙手一投足を世間が注目し、メディアが騒がれているかも見えてきます。

 スポルティングのロナウド、マンチェスター・Uのロナウド、レアル・マドリードのロナウド、ユヴェントスのロナウド、ポルトガル代表でのロナウド――。どのロナウドでも、少しでも関心を持っている方がいたら、今まで知らなかった、誤解していたロナウドが見られるかもしれません。放映時間は90分とお手頃ですし、ぜひお手に取ってみては?

文=小松春生

秋に観たいサッカー映画のバックナンバー

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る