2017.12.27

【スカサカ!ライブ】“ゴールデンエイジ”の加地、播戸が20年のキャリアを振り返る

サッカー総合情報サイト

 日本サッカーの“ゴールデンエイジ”と呼ばれる1979年度生まれの加地亮(1980年1月13日生まれ)、播戸竜二(1979年8月2日生まれ)がスタジオゲストに登場し、自身のキャリアを振り返った。

 セレッソ大阪でデビューし、FC東京、ガンバ大阪などを渡り歩いた加地は、ファジアーノ岡山での17シーズンを最後に引退。J2で24試合出場と一定の活躍を見せ、現役続行も可能だったと思われるが、引退を決意した理由を次のように説明した。

「サッカーに対して全力で取り組めないというか、来年1年間、取り組む自信がなかったんです。自分に納得がいかなかった。頭で思っていることと、いざプレーしてみたら誤差があるじゃないですけど、いつもだったらこういうプレーができていたのに、というところの差が出てきてしまった。来年、練習を積んでその感覚を養えるのかどうかと、自分を信じられなくなりました」

 一方の播戸は17シーズン限りで大宮アルディージャとの契約が満了したが、現役続行を表明し、今は来シーズンの所属先を探している状態。現在の心境について次のように語った。

「自分から『どうですか?』という話もしますし、代理人に聞いてもらうこともあります。この時期になって(所属先が)決まっていない経験が初めてなので、ここからどうなるのかは僕も分からないです」

 ここで隣に座る加地が「そうとう悩んでいました。どこかのチーム、(獲得を)お願いします。(播戸は)まだ動けます」と助け船を出す。播戸は「これで決まったら、契約満了になった選手が『番組に出してくれ』って殺到すると思いますよ」と笑顔を見せた。

 また、これまでのキャリアで一番の思い出を問われると、加地はG大阪時代の第88回天皇杯決勝、対柏レイソル戦(09年1月1日/1-0)を挙げた。延長までもつれ込んだこの試合で決勝ゴールを挙げたのは、隣にいる播戸だ。二人はこの試合について、次のように振り返っている。

「播戸が最後に出てきたんですよ。スーパーサブで。西野朗監督から『ヒーローになってこい』と言われて。そこで1点取ってヒーローになったんですよ。その試合がずっと忘れられないです。その次の年、グアムキャンプで同じ部屋だったんですよ。その時のVTRをずっと見ていました(笑)。練習前に、モチベーションを上げるために(笑)」(加地)

「リーグ戦は8位だったので次の年はACLに行けなかったんですよ。でも、天皇杯決勝で勝てば翌シーズンもACLに出場できるので、ガンバの選手はみんなすごく気持ちが入っていたんですよね。そこで優勝したので、思い出に残っていますね」(播戸)

 12月29日(金)21時から放送の『スカサカ!ライブ』では、天皇杯決勝のプレビューや第96回全国高校サッカー選手権大会の特集が放送される予定。岩政大樹(東京ユナイテッドFC)がプロデュースするインタビューコーナー「今まさに聞く!」は、鹿島アントラーズ昌子源篇~後編を放送する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る