2017.11.22

【スカサカ!ライブ】V・ファーレン長崎J1昇格達成! ターニングポイントはこの試合

サッカー総合情報サイト

 2017シーズンの明治安田生命J2リーグで2位を確定させ、クラブ設立13年目にして初のJ1昇格を果たしたV・ファーレン長崎。選手たちがシーズンを振り返り、ターニングポイントとなった試合や、昇格を果たすことができた理由を語った。

 MF中村慶太は、ターニングポイントとなった試合として第28節のアビスパ福岡戦を挙げた。

「福岡戦が、今の順位にいられる一番の大事なところだったと思います。直接対決で、相手のアウェイの地で勝ち点3を取れたのがすごく大きかったですし、そこで勝ち点3を縮められて、そこからアビスパの調子も崩れてきたので、そこが本当に大きかったと思います」

 第27節終了時点で福岡は勝ち点55の2位、長崎は同44の5位で、勝ち点差は11あった。この試合では前半終了間際に相手のオウンゴールで先制すると、この1点を守り切り1-0で勝利し、勝ち点差を8に縮める。

 続く第29節は東京ヴェルディに1-2で敗れた長崎だが、第30節からは12戦負けなしと一気に調子を上げ、自動昇格を手繰り寄せた。

 また、副キャプテンを務めるMF幸野志有人は、勝ち続けることで起こったチームの変化についてこう語っている。

「勝って自信をつけている部分はあるかなと思いますし、ハードワークというところを毎試合しっかり出せていると思います。勝つことによって、やっていることに自信をつけて、さらにそれが質の高いものになったかなと思います」

 初のJ1昇格達成に、地元ファンも大きな期待を寄せている。新大工町商店街にある「平井餅まんじゅう」の平井栄一さんは、長崎の地にサッカーやV・ファーレン長崎がさらに根付いていくのではないかと予想した。

「(J1に上がると)世界からも長崎に注目が集まると思いますし、サッカー人口もさらに増えていくんじゃないかなと。V・ファーレンのファンもさらに、にわかファンから(本当の)ファンに変わっていくんじゃないかなと思います」

 11月24日21時から放送の『スカサカ!ライブ』では、J2プレーオフ特集やUEFAチャンピオンズリーグ第5節レビューなどが放送される。岩政大樹(東京ユナイテッドFC)がプロデュースするインタビューコーナー「今まさに聞く!」は、ジュビロ磐田名波浩篇~後編を放送。現役時代の岩政と名波監督の関係に迫る。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る