2014.09.07

アエロフロート航空が国際フットサル大会を開催…慶応大が香港開催の決勝へ

エルレイナ
優勝したエルレイナ(慶応大学)[写真]=瀬藤尚美

 7日、アエロフロート航空が主催するフットサル国際大会「AEROFLOT ASIA CUP 2014(アエロフロート アジアカップ 2014)」の東京大会がフットサルクラブ東京豊洲テントドームで行われた。

 開催国は日本、ロシア、中国、韓国の4カ国で、各国の将来を担う大学生で構成された30チームが参加。6日のロシア・ウラジオストック大会を皮切りに、東京大会、中国の北京、上海、韓国のソウルと予選大会が順次開催され、予選を勝ち抜いた各都市代表の1チームが、香港で行われる決勝大会で激突する。

 東京大会には、さんぱち先生(東京大学)、The Words(早稲田大学)、エルレイナ(慶応大学)、FC.Desafio(法政大学)、GOONY(明治大学)、Diavolo.S.P.F.C(立教大学)のフットサルチームが参加し、熱戦が繰り広げられた。

 各試合の合間には、SVペスカドーラ町田(Fリーグ)専属チアリーディングチーム「Fiore」がチアリーディングパフォーマンスを行い、3位決定戦・決勝戦の前には、2012年レッドブルストリートスタイルワールドファイナルでアジア人初、史上最年少で世界チャンピオンに輝いた徳田耕太郎さんが登場し、会場を沸かせた。

 予選は2グループに分かれて行われ、各グループ1位通過のエルレイナ(慶応大学)とさんぱち先生(東京大学)が決勝に進出。試合開始から果敢に攻めるエルレイナは、一気に3ゴールを奪いさんぱち先生を引き離すと、迎えた後半、反撃に出たさんぱち先生はCKから1点を返す。その後は両者譲らず、試合は3-1で終了。エルレイナが香港行きのチケットを手にした。

 得点王にはThe Words(早稲田大学)の鹿沼紀斗、MVPは優勝したエルレイナの鎌田悠奨が選出。決勝で3ゴールを挙げ勝利に貢献した鎌田は「僕は普段アシストするタイプ。ラッキーボーイが香港へ導きました!」と笑顔で喜びを語った。

 優勝したエルレイナ(慶応大学)は、10月11日に香港で開催される決勝大会に進出。決勝大会で優勝したチームには、アエロフロートがオフィシャルキャリアを務めるマンチェスター・Uのホームゲーム観戦ツアーが贈呈され、本拠地オールド・トラッフォードのピッチ上で表彰式が行われる。

 最終順位は以下のとおり。

■最終順位
1位:エルレイナ(慶応大学)
2位:さんぱち先生(東京大学)
3位:The Words(早稲田大学)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る