2014.06.15

W杯初戦で日本敗戦も渋谷は大盛り上がり…駅前では警官800人が整理誘導にあたる

試合後、渋谷駅前は多数のサポーターが集結し、大混雑となった

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が行われ、日本代表はコートジボワール代表と対戦した。日本代表は本田圭佑が先制点を記録し、1点リードで前半を折り返すが、後半に2失点を喫して逆転負け。初戦を白星で飾ることができなかった。

 試合後、多くの会場でテレビ観戦が行われた渋谷では、スクランブル交差点を中心にサポーターが集まって大混雑に。日本代表は敗れたものの、ハイタッチをする光景や応援チャントを歌うサポーターの姿などが見られた。

 なお、試合後のトラブル防止のため、警視庁は渋谷駅周辺に800人の警察官を配置。スクランブル交差点では、警察官が整理誘導にあたり、歩行者に安全な横断を促していた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る