2014.06.10

サッカー観戦どこでする? 都内のスポーツバーでスマホ速度調査を実施

室内での試合観戦は、携帯電話の通信速度は気になるところ

 サッカーキングでは、国内主要携帯キャリア3社における最新スマートフォン通信速度の実測調査を、サッカー観戦で盛り上がる都内のスポーツバー10ヵ所で実施。

 ダウンロードの平均通信速度でiPhone、Androidともにソフトバンクが最速の数値を出し、サッカー観戦と相性の良いキャリアはソフトバンクという結果となった。

 この調査は近年のスマートフォン普及に伴い、サッカー観戦や、仲間と盛り上がっている様子をフェイスブックやツイッターに投稿したりするなど、SNSを利用するサポーターが増えたことを受け実施。端末は、ドコモ、au、ソフトバンク3社の「iPhone 5 c」と、主要Android端末を使って、ダウンロードとアップロードの速度を比較した

「iPhoneのダウンロード速度」では、平均24.53Mbps、最速47.72Mbpsでソフトバンクが他社を圧倒。また「同アップロード速度」でもソフトバンクが最速の数値を記録した。

 さらに「Androidのダウンロード速度」でもソフトバンクが最速51.24Mbpsを記録。「同アップロード速度」では、17.88Mbpsを記録したドコモが最速となったが、最速値を記録したバーの数はソフトバンクが5カ所と他社を上回った

 iPhone、Androidいずれの場合でも、ソフトバンクの安定感が際立ち、スポーツバーとの相性の良さを印象付けた。

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る