FOLLOW US

野々村社長ら札幌のメンバーが「ACUO ご当地CM」で名演技を披露

ご当地CMのキャプチャ。ACUOを片手に指示を出す札幌の野々村社長

 株式会社ロッテは、6月10日から『息をデザインするガム ACUO』の商品パッケージの刷新に伴い、「『息はほぼ、顔。』ご当地Wキャンペーン」を開始した。

 キャンペーンの一環として『ご当地CM選挙キャンペーン』、「ご当地ACUO CM」を公開している。「ご当地CM総選挙キャンペーン」は『息はほぼ、顔。』を全国9エリアの方言で言い換え、その地域ならではのキャラクターや名物料理を活用し「ご当地ACUO CM」を制作。北海道エリアのCMには、コンサドーレ札幌の選手が出演している。

 CMの舞台は、とある練習試合のこと。相手FKの局面で札幌の選手が壁を作るが、中央に立つ古田寛幸の息が気になり、両脇に立つ石井謙伍と宮澤裕樹がどんどん離れて壁にスペースができる。その直後、スペースを狙われてゴールを決められてしまう。見兼ねた札幌の社長、野々村芳和がACUO(アクオ)を食べるように指示。古田がACUOを食べると、今度は魅力的な息となり、両脇の選手がどんどん中央に寄って、今度はサイドに隙間ができてしまい、その隙間をつかれる。しかし、ゴールを守るGKイ・ホスンの好セーブを披露。シュートを止めたイ・ホスンが、カメラに向かってACUOを取り出し、決め顔で「息はほぼ、顔っしょ」(北海道弁)と言ってCMは終わる。

 ご当地CMは、それぞれのエリアでオンエアされる他、ACUOのホームページでも公開されている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA